趣味:資格の取得

知的好奇心や知識欲が旺盛な方、今の仕事や会社に満足していない方などは資格の取得を趣味にしては如何でしょうか。

資格取得という趣味は、仕事とは切り離して好きな資格を取ること自体を楽しみとして取り組むこともできますし、将来、職を失ったり転職するようになった時など、万が一の事態に備えてリスク対策の一環として取り組むこともできます。

切羽詰まった状態で資格取得に臨むのではなく、楽しみながらやることで趣味にできます。

費用も難易度の高い資格でなければさほどかかりません。

ここでは、資格の取得を趣味にすることのメリットや資格の選び方などについて解説します。

資格の取得を趣味にすることのメリット

一定のスキルや知識が得られ他人からの評価を高めることができる

資格取得を趣味にするの最大のメリットは、やはり資格を保有することで、一定のスキルや知識が得られ、他人から一定の評価や信頼を得られる点にあります。

難関資格であればあるほど評価や信頼も高くなります。

今の仕事に関する資格を取得すればキャリアアップが可能ですし、昇進や昇格、希望する部署への異動などに繋がる可能性もあります。

就職活動や転職活動をしている人にとっても希望する業界の関連資格を取得することで採用時に有利に働くこともあります。

実務経験がない場合こそ資格は頼みの綱になります。

資格取得者は、目標に向かって努力をすることができる人間、あるいは、自己管理ができる人間としてのアピール材料にもなります。

また、そこまで堅苦しく考えなくても、料理や手芸、ガーデニングなど、生活や趣味をより充実したものにする資格を取得するのも楽しいものです。

興味のあるものがあれば、まずは資料請求をしてみて下さい。

参考:生涯学習のユーキャン

将来、役に立つ可能性がある

資格はたとえ今は役に立たなくても将来役に立つ日が来るかもしれません。

例えば、クラウドソーシングを使った副業をはじめた時、案件を獲得する上で取得していた資格が役に立ったという例は少なくありません。

アピルール材料が少ない人と比べて募集している案件の内容に沿った資格を持っていることで、案件を獲得しやすくなります。

筆者の知人の中には、50代に趣味として始めた行政書士の資格取得の勉強が功を奏し、2回目に合格。全くその気はなかったのに定年後に勤め先の再雇用を断り独立開業した者もいます。

このように過去に取得した資格が役に立つ例もあります。

自分自身に自信が持てるようになる

資格に挑戦する過程では、合格という目標に向かって努力したり、試験を受験するという緊張感などを味わうことで、生活にもハリができます。

受験に失敗しても趣味だからと開き直って次に向けて仕切り直しをすることもできます。

そして、合格すると達成感を味わうことができ、自分の能力に自信が持てるようになります。

交流の場が広がる

同じ資格の取得を目指す人たちや資格保有者同士の交流ができるようになります。

資格保有者になったことで会員になれる団体やグループもありますので、最新情報を得たり、人脈を形成したい場合は登録することもできます。

初対面の人とでも同じ話題でコミュニケーションが取れます。

勿論、そういうことが苦手な人はそういう場に顔を出さなければすみます。

趣味としての資格選びについて

資格取得は、以上のようなメリットがあることから実益を兼ねた趣味としておすすめです。

但し、仕事に関する資格を選ぶ場合は、少し大げさに言うと自分の将来や人生に影響を及ぼしてきますので、できれば、以下の点に留意して慎重に選ぶべきと考えます。

自分の将来に役立つ資格かどうか

仕事に関する資格取得を目指す場合は、まずは自分が資格に求めるものや資格を通して自分がどのようになりたいかを予め考えておくことが大切です。

誰でも取得できる簡単な資格を10も20も取るいわゆる資格マニア的なものよりも、自分の将来に役立つ資格をじっくり吟味して選ぶことをおすすめします。

今の仕事でキャリアアップが図りたいのか、就職や転職に活かしたいのか、将来独立したいのか、また、定年後の再就職や独立に備えたいのか、といったような目的と、今の自分の年齢や向き不向き、好き嫌い、興味があるかないか、などを考慮して狙う資格を決めます。

下記のサイトでは需要や将来性を加味した上で目的に合わせた資格を紹介しています。

受験資格や資格の難易度を把握する

また、資格選びにおいては、受験資格資格の難易度を押さえておくことも重要です。

学習を始めたのはいいが、受験資格に実務経験が必要だった、半年ほどで合格できると思っていたが、非常に難易度が高い試験だったということでは時間と費用の無駄です。

社会人として働きながら難関資格に挑戦する場合は、確保できる勉強時間と資格の難易度を考慮して資格を選ぶことも必要です。

まとめ

生活や趣味の質を向上させたり、将来に備えるために資格の取得を趣味にすることは、実益を兼ねた趣味としておすすめです。

特にインドア派の人は、あまり苦にせず趣味として楽しみながら、将来が見通せない現代における自己投資やリスク管理として取り組むことができます。

参考:インドアの趣味

特に今や将来の仕事に役立てたい資格を選ぶ際は、自分の将来に役立つ資格をじっくり吟味して選ぶことがポイント。

今の仕事でキャリアアップが図りたいのか、就職や転職に活かしたいのか、将来独立したいのか、また、定年後の再就職や独立に備えたいのか、といったような目標と、今の自分の年齢や向き不向き、好き嫌い、興味があるかないか、などを考慮すれば狙う資格も定まってきます。

資格はたとえ今は役に立たなくても将来役に立つ日が来るかもしれません。

始める場合は、最初に通信講座費や書店で購入する参考書代などが必要ですが、ランニングコストは限りなく0円なので無理なく続けられます。