システムアーキテクト試験の難易度

ここでは、システムアーキテクトとは何か?また、システムアーキテクト試験の概要やその難易度などをまとめています。

システムアーキテクト試験とは?

システムアーキテクトとは、高度IT人材として確立した専門分野をもち、ITストラテジストによる提案を受けて情報システム又は組込みシステム・IoTを利用したシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計し、また、情報システムについては開発を主導するエンジニアです。

つまり、システム開発における上流工程を担当する上級エンジニアとして、プロジェクト全般のマネジメントスキルシステムの設計や構築スキルが求められます。

また、システム開発の上流工程に身を置く者として、ベンダー側と顧客側との架け橋的役割を担うことも少なくないため、調整能力やプレゼンテーション能力・コミュニケーション能力も要求されます。

システムアーキテクト試験は、これらの能力を認定する試験で、経済産業省認定の国家資格である情報処理技術者試験の一つです。

試験のレベルは高度レベルの4とかなり難易度の高い試験です。

資格保有者は、高度なIT知識を有してシステム開発を主導する上級エンジニアとして、人材の奪い合いになるほど高い需要があります。就職や転職に有利になることは間違いありません。

今後のIT技術の進歩により、さらに需要が増す人材です。

システムアーキテクト試験 評価
受験資格 なし
就職・転職に役立つか
定年後の再就職に役立つか
独立に役立つか
難易度 かなり難しい

システムアーキテクト試験の概要

受験資格

受験資格は必要ありません。

年齢、学歴、国籍、性別、実務経験等に関係なく誰でも受験できます。

試験日時

試験日時

システムアーキテクト試験は、年1回、春に実施されます。

例年1月中旬から2月中旬にかけて申し込みを受け付け4月の第3日曜日に試験が実施されます。

試験免除制度

システムアーキテクト試験の午前Ⅰ試験については、次の①~③のいずれかを満たせば、その後2年間、受験申込み時に申請することによって受験を免除されます。

  1. 応用情報技術者試験に合格する
  2. 情報処理技術者試験の高度試験又は情報処理安全確保支援士試験のいずれかに合格する
  3. 情報処理技術者試験の高度試験又は情報処理安全確保支援士試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績を得る

例えば、応用情報技術者試験に合格した者は、その後2年間、受験申込み時に申請することでシステムアーキテクト試験の午前Ⅰ試験が免除され、午前Ⅱ試験から受験することが可能です。

試験の方法と内容

試験は、午前Ⅰ・Ⅱと午後Ⅰ・Ⅱに分かれて下記の要領で実施されます。

試験の方法 午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験時間 9:30~10:20
(50分)
10:50~11:30
(40分)
12:30~14:00
(90分)
14:30~16:30
(120分)
出題形式 多肢選択式
(四肢択一)
記述式 論述式
出題数
解答数
出題数:30問
解答数:30問
(高度試験共通)
出題数:25問
解答数:25問
出題数:4問
解答数:2問
出題数:3問
解答数:1問

午前Ⅰの試験

高度試験に共通して出される問題です。

テクノロジ系(技術)、マネジメント系(管理)、ストラテジ系(経営)から30問

※四肢択一問題30問×3.4点で合計 100点

午前Ⅱの試験

テクノロジ系(技術)、マネジメント系(管理)、ストラテジ系(経営)から25問

※四肢択一問題25問×4点で合計 100点

  1. コンピュータ構成要素
  2. システム構成要素
  3. データベース
  4. ネットワーク
  5. セキュリティ
  6. システム開発技術
  7. ソフトウェア開発管理技術
  8. システム戦略
  9. システム企画

の9分野から出題

特に、システム開発技術、システム企画、セキュリティについて高度な問題が出題されます。

午後Ⅰ・Ⅱの試験

出題範囲は次の通りです。

情報システム
  1. 契約・合意に関すること
  2. 企画に関すること
  3. 要件定義に関すること
  4. 開発に関すること
  5. 運用・保守に関すること
  6. 関連知識
組込みシステム・IoT を利用したシステム
  1. 機能要件の分析,機能仕様の決定に関すること
  2. 機能仕様を満足させるシステムアーキテクチャ及びハードウェアとソフトウェアの要求仕様の
    決定に関すること
  3. 対象とするシステムに応じた開発手法の決定に関すること
  4. 汎用的モジュールの利用に関すること

午後Ⅰは、上記の範囲から4問出題され、2問を選択して解答します。

50点×2問で合計100点

午後Ⅱは、上記の範囲から長文問題が3問出され、うち1問を選択して解答(課題について実務体験をもとに概ね2000~3000文字程度で論述)します。

配点は評価ランクによります。

受験手数料

7,500円

システムアーキテクト試験合格者の特典

試験の免除

システムアーキテクト試験に合格、又は、午前Ⅰに基準点以上を得れば、その後2年間、他の高度情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験の午前Ⅰの科目免除が受けられます。

科目の免除

また、システムアーキテクト試験の合格者は、

  1. 弁理士試験の科目免除(理工V・情報)
  2. 中小企業診断士試験の科目免除(経営情報システム)
  3. 技術士試験の科目免除(情報工学部門)
  4. ITコーディネータ(ITC)試験の科目免除

などの科目免除があります。

任用資格

任用資格とは、特定の職業ないし職位に任用されるための資格のことです。

システムアーキテクト試験の合格者は以下の任用資格が与えられます。

  1. 技術陸曹・海曹・空曹及び予備自衛官補(技能公募)の任用資格
  2. 警視庁特別捜査官の4級職(警部補)のサイバー犯罪捜査官の任用資格

システムアーキテクト試験の難易度

合格基準

午前Ⅰ・Ⅱ、午後Ⅰともに100点満点中60点以上が基準点。

論述式の午後Ⅱは、A、B、C、Dのランクで採点され、評価ランクがA(合格水準にある)で合格となります(評価ランクA以外の場合は不合格)。

評価ランク 内容 合否
A 合格水準にある 合格
B 合格水準まであと一歩である 不合格
C 内容が不十分である
問題文の趣旨から逸脱している
D 内容が著しく不十分である
問題文の趣旨から著しく逸脱している

高度情報処理試験には以下の足切りがあります。

  1. 午前Ⅰ試験の得点が基準点に達しない場合は午前Ⅱと午後の試験の採点を行わずに不合格
  2. 午前Ⅱ試験の得点が基準点に達しない場合は午後Ⅰ・午後Ⅱ試験の採点を行わずに不合格
  3. 午後Ⅰ試験の得点が基準点に達しない場合は午後Ⅱ試験の採点を行わずに不合格

試験結果に問題の難易差が認められた場合には,基準点の変更が行われることがあります。

合格率

システムアーキテクト試験の合格率は例年15%前後です。

令和4年度は、3,474人が受験して合格者は520人。合格率は、15%でした。

午前の問題を免除された受験者(午前の問題が合格レベルに達した者)がおよそ半数いる中での合格率ですので、かなり難易度の高い試験と言えます。

難易度

システムアーキテクト試験のレベルは、他の高度情報処理技術者試験と同じスキルレベル4に相当します。

合格率は15%前後とさほど低くはありませんが、これは受験者のレベルが高いためです。

応用情報技術者やその他の高度情報処理試験の合格者やそれらの1次試験をクリアした者、または、それとほぼ同等の者が受験しますので、言わば、合格率においては2次試験的な意味合いを持つ試験と考えていいでしょう。

尚、合格者の平均年齢は36歳前後です。

難易度: かなり難しい

合格までの学習時間の目安:1500時間

合格までの学習時間の目安は、知識ゼロから合格を目指す場合です。経験やその他保有資格により目安より短期間で合格することが可能です。

システムアーキテクトは転職や定年後の就職・再就職では厚遇で迎えられる可能性あり

システムアーキテクトは、プログラマーやシステムエンジニアの上級エンジニアとして、システムの設計や構築(プログラミング)を行うことができる人材です。

システム全体を把握してアーキテクチャ設計・構築まで行えるシステムアーキテクトはどこの企業でも不足しており、企業は優秀なエンジニアを喉から手が出るほど欲しがっています。

このため、企業によっては資格手当を出すところも少なくありません。

さらに、システムアーキテクトの資格を有すると企業内では上流工程への参加などの新たな役割を担うチャンスが増えますし、就職や転職時も実力を客観的にアピールして有利に進めることができます。そして、いずれの場合も年収アップが期待できます。

勿論、定年後も資格と経験を活かして有利な条件での再転職が期待できます。