WordPressとは?WordPressを使うには?

WordPressとは?

WordPress(ワードプレス)とは、ブログを書いたりWEBサイトを作るためのツールとして開発された無料のソフトウェア(オープンソース)です。

誰でも無料で利用できます。

WordPressの特徴

WordPressは、誰でも無料で使えるほか、

・ホームページの作成が簡単。
・更新が簡単。旅先でスマホからでも可能。
・内部対策がある程度出来上がっているため基本的なSEO対策ができている。
・不足した機能はプラグインの追加で簡単に補える。

といった特徴があります。

世界中で利用されており、そのシェア率は世界No.1です。個人のみならず、中小企業からWordPressを使ってブログや自社のホームページを作っています。

ホームページは、ブログも勿論そうですが、本来は、htmlやcssといった専門的な言語でコーディングして作らなければなりません。

しかしWordPressを使うとそういうことを殆んど意識する必要なくホームページもブログも作れてしまいます。

しかも、WordPressで作ったサイトやブログはその更新も非常に楽です。

機能を付け加えたければプラグインをインストールしてワンクリックで追加することができます。これにより、人気記事や関連記事を表示したり、ページ毎に目次を追加したりすることができます。

今はこういう便利なものがあるため、学生も主婦も自分でドメインをとってサーバーをレンタルし、ホームページを開設できるようになりました。

このサイトもWordPressを使って構築しています。

レンタルしたサーバーにWordPressをインストールしてログインすると下記のような画面が表示されますので、「投稿」を選んで文章を入力したり画像を貼りつけたりするだけでこのようなページが作れてしまいます。

WordPressの投稿画面
記事だけでなくタイトルもURLもこの画面で決めることができます。

書いた記事は、その場で公開してもいいし、後で続きを書くために保存だけしておいても構いません。

WordPressを使うには?

WordPressを使うには、まずは、サーバーをレンタルし、レンタルしたサーバーにWordPressをインストールしなければなりません。

しかし、サーバーなら何でもいいかというとそういう訳ではありません。

WordPressは、PHPというプログラミング言語で構築されており、それを動作させるためにサーバー側にMySQLというデーターベースが必要になります。

サーバーに環境が整っていないと動作しないという訳です。

従って、WordPressを使う場合は、サーバーをレンタルする際にWordPressのインストールが可能かどうかを確認する必要があります。

WordPressが動作するサーバーをレンタルする

WordPressは、今やなくてはならないツールです。

WordPressが使えるサーバーという条件が前提でサーバーを探している人が多くなっているため、レンタルサーバー業者も殆どの場合、ホームページにWordPressが使えるかどうか明記しています。

例えば管理人もお世話になっているエックスドメインというレンタルサーバーのホームページには以下のように記載されています。

サーバーをレンタルする場合、WordPressが使えるかどうか必ず確認します。

エックスサーバーのWordPress

WordPressをインストールする

WordPressが使えるサーバーをレンタルしてもそれだけではまだWordPressは使えません。レンタルしたサーバーにWordPressをインストールする必要があります。

殆んどの場合、下図のように「WordPress簡単インストール」といったメニューが用意されており、これから作るサイトの名前や管理画面へのログイン情報(IDやパスワード)など簡単な設定を行ってクリックしていけば数分でインストールできるようになっています。

レンタルサーバー業者のWordPress簡単インストール画面

WordPress管理画面にログインしてWordPressテーマを決める

WordPressのインストールが終わるとすぐに記事(コンテンツ)を入力したり細かい設定をしたりすることができる管理画面へログインできるようになります。

ログインするとすぐに記事を書き始めるのではなく最初に設定しなければならないいくつかの項目があります。

その一つがWordPressテーマの変更です。

WordPressテーマとは、WordPressの見た目のデザインやサイト全体の構成、表示される機能などを担うサイトのテンプレートのようなものです。

WordPressをインストールすると、デフォルトで一つのテーマに結び付けられていますが、多くの人は自分の好みでWordPressテーマを変更します。

テーマには無料のものと有料のものがありますが、デザインや機能などに多くを望まなければ無料のテーマで充分です。テーマはWordPressの管理画面からワンクリックでインストールすることができます。

記事を書く前に設定する項目については、別に少し詳しく解説します。最初にしっかり設定しておけば後は記事を書くことに専念できます。

まとめ

以上の流れでWordPressは使えるようになります。

これから自分でドメインを取り、サーバーをレンタルしてブログやサイトを構築していこうとする場合、WordPressは、必須のツールといっても過言ではありません。

そのためには、まずは、WordPressが使えるサーバーをレンタルすること。

サーバーをレンタルしてWordPressをインストールしたら管理画面にログインし、必要項目の設定を変更・整理したのち記事を書き始めることになります。

後は必要に応じてプラグインで機能を追加したり、わからないことがあればネットで調べたりして自分のサイト・ブログを育てていくことになります。